EC運用代行を活用するメリットと、失敗しない委託先の選び方を徹底解説

EC運用代行を活用するメリットと、失敗しない委託先の選び方を徹底解説g

EC業界では近年、ネットショップの運用業務をアウトソーシングするのが一般的になりました。

ただし、やみくもに業務をアウトソーシングするのは失敗のもと。「委託すべき業務」と「内製化した方がよい業務」を整理した上で、信頼できる委託先を選ばなくてはいけません。

そこで今回は、ECの運用代行サービスを活用するメリットと、自社に合った委託先の選び方を解説します。

ECの運用代行サービスとは?

ネットショップを運営していると、日々さまざまな業務が発生します。

ECサイトの更新、バナー制作、メール配信、商品登録、SEO、アクセス解析、広告運用、在庫管理、受発注、ささげ(撮影・採寸・原稿)、梱包、出荷、カスタマーサポートなど、その業務は多岐に渡ります。

こうした業務の一部を請け負うのが、運用代行サービスです。

EC運用代行サービスの代表例

制作支援
特集ページやバナー、メルマガなどクリエイティブの制作を代行
店舗運営支援
商品登録、ニュースの更新、バナーの差し替え、受発注などを代行
プロモーション支援
広告運用やメルマガ配信などを代行
サイト分析支援
アクセス解析や広告効果分析を代行
フルフィルメント支援
ささげ(撮影・採寸・原稿)や在庫管理を代行
物流支援
入出庫管理、梱包、出荷などを代行
カスタマーサポート
メールや電話での問い合わせ対応を代行

運用代行サービスを利用するタイミングは?

EC事業者が運用代行サービスを利用する理由でもっとも多いのは 「人手不足」と「ノウハウ不足」。近年は特にEC業界で人手不足が深刻化し、そのことが業績拡大のボトルネックになっているケースも珍しくありません。そのため、EC事業を立ち上げた当初から運用代行サービスを利用する企業が増えています。

運用代行サービスを利用する際は、自社の人員体制やノウハウの有無などによって「商品登録や受発注管理は自社で行い、特集ページやバナー制作、メルマガ制作などのクリエイティブはアウトソーシングする」「カスタマーサポートと制作業務は自社で行い、フルフィルメントと物流はアウトソーシングする」といった具合に、業務に合わせて委託内容を検討する必要があります。

EC運用代行を活用する3つのメリット

運用代行サービスを活用するメリットは、①人手不足を解消し、売り上げを伸ばすための業務に注力できる②社員の採用や教育のコスト(費用・時間)を削減できる③専門性の高い仕事をプロに任せることで仕事の質が上がる──といった点が上げられます。

メリット1
人手不足を解消し、売り上げを伸ばすための業務に注力できる

ネットショップを少人数で運用している場合、担当者は日々の受発注や商品登録をこなすのが精一杯で、売り上げを伸ばすための施策に手が回らないことも多いのではないでしょうか。

そういったEC事業者が運用代行サービスを活用することで、社内のリソース不足を解消し、マーケティングや商品開発、ページ改善といった、本来取り組むべき売り上げを伸ばすための業務に費やす時間を増やせます。

メリット2
EC担当者の採用や教育のコストを削減できる

運用代行サービスを活用する2つ目のメリットは、EC担当者を採用したり教育したりするコストを削減できることです。

ECの運用業務を内製化していると、部署異動や担当者の離職によって新しい担当者が着任する際に、業務の引継ぎを行わなくてはいけません。

また、近年は有効求人倍率が高止まりし、欠員が出た際の採用コストも高騰しています。

ECの業務をすべて内製化すると、社内でノウハウを蓄積することはできますが、人材育成に多くの時間と費用がかかります。運用代行サービスを上手に活用することで、採用や教育にかかる時間と費用を減らすことができます。

メリット3
専門性の高い仕事を「その道のプロ」に任せることで業務の質が上がる

ECの運用業務を長期間内製化していると、その仕事が属人的になり、ベテラン社員が退職したことで仕事の質が下がってしまうリスクがあります。こうした課題も、運用代行サービスを活用することで解決できます。

また、ECサイトのクリエイティブ制作やリスティング広告の運用、サイト分析といった業務は、高い専門性が求められます。経験の浅い社員が担当するよりも、その道のプロに依頼した方が業務の質は高まるでしょう。

近年はEC市場が成熟し、クリエイティブ制作や広告運用は「プロ同士の戦い」の様相を呈しています。業務の質がECの売り上げを左右すると言っても過言ではありません。EC事業の成長を加速させ、売り上げを伸ばしていくには、「餅は餅屋」で専門家を頼ることも必要ではないでしょうか。

EC運用代行会社の選び方 失敗しないための3つのチェックポイント

運用代行サービスを提供している会社はたくさんありますが、対応できる業務の範囲やスキルは会社ごとに千差万別です。例えば、リスティング広告の運用代行など「Webプロモーション」をメインに扱っている会社もあれば、在庫管理や梱包・出荷といった「フルフィルメント」まで対応している会社もあります。どの運用代行会社が自社に合っているのか、契約前にしっかり見極めなくてはいけません。

運用代行会社を選ぶ際に押さえておくべきポイントは次の4つです。

委託先選びのチェックポイント

  1. 自社ECとモールのどちらを得意としているか
  2. 契約前に「丁寧なヒアリング」と「業務の切り分け」を実施してくれるか
  3. EC事業の全体像を十分に理解していて、複数の運用代行サービスを一括して任せられる会社か

チェックポイント1
自社ECとモールのどちらを得意としているか

運用代行サービスを提供している会社の多くは、自社ECサイトの運用を得意としている会社と、ECモールを得意としている会社に分かれます。また、ECモールを得意としている会社の中には、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングといった特定のモールに強いケースもあります。

こうした各社の特徴を調べた上で、自社の課題を解決できる運営代行会社と契約してください。

チェックポイント2
契約前に「丁寧なヒアリング」と「業務の切り分け」を実施してくれるか

EC事業者が運用代行サービスを利用する場合、「内製化すべき業務」と「委託した方が良い業務」を整理することが欠かせません。

それを怠ると、無駄な作業が発生したり、委託先企業との連携に混乱が生まれたりして、かえって業務効率が下がります。

こうした失敗を避けるには、契約前にEC事業の課題を認識し、アウトソーシングする業務の範囲を明確にしておくことが不可欠です。

運用代行サービスを契約する際は、その会社が契約前に丁寧にヒアリングを行い、最適なサポートメニューを提案してくれるかどうかをチェックしましょう。

チェックポイント3
EC事業の全体像を十分に理解していて、複数の運用代行サービスを一括して任せられる会社か

委託先を選定する際の3つ目のポイントは、複数の運用代行業務に対応している会社を選ぶこと。

EC事業者が運用代行サービスを利用する場合、制作・広告運用・サイト分析・フルフィルメントといったさまざまな業務の中から、内製化できない業務を切り出して委託するのが一般的です。

その際、「広告運用はA社」「サイト分析はB社」といった具合に複数の運用代行会社に委託すると、それぞれの会社の担当者とやり取りしなくてはならず、コミュニケーションやディレクションの負担が重くなります。

その結果、業務を効率化したくてアウトソーシングしたにも関わらず、仕事が減らないという本末転倒になりかねません。

こうした失敗を避ける唯一の方法は、ECの運用代行業務をワンストップで対応できる会社と契約することです。

ECサイトの更新や商品登録といった「フロント業務」から、メルマガ配信や広告運用などの「プロモーション」、クリエイティブや商品ページの「制作」、梱包や出荷などの「フルフィルメント」まで、EC事業全体をカバーできる会社を選ぶと良いでしょう。

たとえばHIT-MALLの運用代行サービスは、ECサイト運用、サイト制作、Webプロモーション、アクセス解析・改善提案、システム・サーバ運用、物流代行の6つのサービスを提供しており、EC事業全体をカバーしています。

そして、委託先を選ぶ際は、その会社がEC事業の全体像を十分に理解し、俯瞰的に事業を捉えられているかをチェックしてください。EC事業を俯瞰的に見ることができない運用代行会社は、請け負った業務が部分最適になりやすく、結果的に成果が上がりにくくなります。

契約前に、EC の運営について疑問や不安があれば、どんどん質問してみてください。その質問にしっかりと答えてくれる会社であれば、運用を安心して任せられるはずです。

契約前に実績や導入事例を確認!運用代行会社の特徴をしっかり調べる

運用代行会社のサービスの善し悪しは、正直、実際に契約してみないと分からない部分もあります。

また、運用代行サービスを提供している企業の中には、得意・不得意がはっきりしている会社が少なくありません。

「SEOや広告運用といった集客施策は得意だが、フルフィルメントはサポートできない」「クリエイティブ制作やページ更新は行えるが、マーケティングの知識は乏しい」「売上拡大のコンサルティングを得意としているが、ページ更新などの作業代行は行えない」──といった具合です。

実際、運用代行会社と契約してから、依頼したい業務を受け付けてもらえないことが分かったという失敗もよく聞きます。

こうした失敗を避けるには、まずは、検討している会社に直接話を聞いて、どのようなサービスを提供しているのかしっかり確認することが大切です。

その際、委託先の過去の実績や導入事例を契約前に確認することも重要です。運用代行会社の実績を調べる際は、「運用代行サービスの事業歴の長さ」「運用代行サービスの導入実績(社数)」「導入企業の業績が伸びているか」といった項目をチェックしてください。

また、自社と同じ商品ジャンルで成功事例がある運用代行会社を選べば、アウトソーシングで失敗する確率をさらに減らせるはずです。運営代行会社が公開している導入事例や、他のEC事業者の口コミを参考するのも良いでしょう。