コアウェブバイタルとは?SEOに強くなる「LCP」「FID」「CLS」3つの指標を解説|5分でわかるEC用語

コアウェブバイタルとは?SEOに強くなる「LCP」「FID」「CLS」3つの指標を解説|5分でわかるEC用語

Webサイトの健全性を示す指標「コアウェブバイタル(Core Web Vitals)」。Googleが提唱した指標で、UX(ユーザーエクスペリエンス)の優れたWebページを作る際の参考になるほか、SEOの観点からも重要な概念です。コアウェブバイタルの意味や重要性、数値の確認方法などについて解説します。

コアウェブバイタルとは?

コアウェブバイタル(LCP・FID・CLS)

秒数やスコアによって3段階で評価される

コアウェブバイタルとは、Webページにアクセスしたユーザーが感じる「心地よさ」という抽象的な価値を定量的に評価することができる重要な指標です。ページの読み込み速度や、リンクをクリックした際の反応速度など、Webページにおけるユーザー体験を左右する3つの指標をまとめてコアウェブバイタルと呼びます。

具体的には「Largest Contentful Paint(LCP、最大コンテンツの読み込み速度)」、「First Input Delay(FID、ページの反応速度、読み込みの応答性)」「Cumulative Layout Shift(CLS、ページの視覚的な安定性)」の3つで構成されます。

それぞれ秒数や点数によって「GOOD(良好)」「NEEDS IMPROVEMENT(改善が必要)」「POOR(不十分)」の3段階で評価されます。

なお、GoogleはWebページのユーザー体験を数値化、あるいは可視化したものを「ウェブバイタル」と呼んでいます。LCP・FID・CLSは、すべてのWebページに適用可能な共通指標であるという意味でコアウェブバイタルと位置付けられました。

出典:Google Developers「Web Vitalsの概要:サイトの健全性を示す重要指標」2020年5月11日

コアウェブバイタル 3つの指標

コアウェブバイタルの3つの指標である「LCP」「FID」「CLS」の意味を解説します。

LCP(Largest Contentful Paint)

LCPとは、Webページのビューポート(表示されている領域)の中で最も容量の大きなコンテンツ(画像、背景画像、テキストブロックなど)が、ページの読み込み開始時点から何秒で表示されるかを表す指標です。

Webページにアクセスしたユーザーが最大コンテンツを閲覧できるようになるまでにかかる秒数に応じて、ユーザー体験の良し悪しを判断します。LCPは2.5秒以下が「GOOD」、2.5〜4.0秒は「NEEDS IMPROVEMENT」、4.0秒を超えると「POOR」です。

例えば、Webページの一部にデータ容量が大きい画像が使われていて、その画像の表示に時間がかかる場合、LCPは悪化します。

FID(First Input Delay)

FIDは、ユーザーがページを操作した際の反応速度を表す指標です。Webページにアクセスしたユーザーが最初にページを操作(リンクのクリック、ボタンのタップなど)した時点から、その操作に対してブラウザが反応するまでにかかる時間をミリ秒(1,000分の1秒)単位で計測します。

100ミリ秒以下は「GOOD」、100〜300ミリ秒は「NEEDS IMPROVEMENT」、300ミリ秒以上は「POOR」です。

CLS(Cumulative Layout Shift)

CLSはWebページでレイアウトシフトが発生した頻度を数値化したものです。レイアウトシフトとは、Webページを開いた後に、ページ内の画像や広告などのコンテンツの位置がずれる現象を指します。レイアウトシフトが少ないほどCLSの数値が小さくなります。数値はスコアで表され、値が小さいほど評価が高くなります。

CLSは0.1以下なら「GOOD」、0.1〜0.25は「NEEDS IMPROVEMENT」、0.25以上は「POOR」です。

2つの無料ツールでコアウェブバイタルを簡単チェック

Googleが提供しているツールを使用すると、Webページのコアウェブバイタルを計測できます。無料で簡単に確認できる2つの方法を紹介します。

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

Webページの表示速度などを計測するツール「PageSpeed Insights」でコアウェブバイタルを確認できます。検索窓にURLを入力して「分析」をクリックすると、LCP・FID・CLSを含む各種指標が表示され、モバイル端末を利用した場合とPC端末を利用した場合のそれぞれの指標を確認できます。自社サイトはもちろん、競合他社など自社のサイト以外のURLのコアウェブバイタルを閲覧することも可能です。

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

入力したURLのコアウェブバイタルが表示される(青枠内)。ページの表示速度を表す「Speed Index」や、ページが完全に操作可能になるまでにかかる秒数を表す「Time to Interactive」などの確認も可能

PageSpeed Insightsでは、Webページの表示速度を改善する方法も分かります。「改善できる項目」としてサイズを小さくできる画像や、使用していないCSSやJava Scriptなど、Webページの表示速度の改善につながる方法が具体的に表示されます。

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

PageSpeed Insightsを使うと表示速度の改善につながる方法を確認することもできる

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

Googleが提供しているWeb分析ツール「Google Search Console」でも自社サイトのコアウェブバイタルを確認できます。

Google Search Console ウェブに関する主な指標

Google Search Console「ウェブに関する主な指標」

左側のメニュー項目にある「ウェブに関する主な指標」から、モバイル端末とPC端末それぞれのコアウェブバイタルに関するレポートを閲覧できます。「GOOD」「NEEDS IMPROVEMENT」「POOR」の数の推移がグラフで表示され、コアウェブバイタルに関する概況を確認することが可能です。

コアウェブバイタルの検索順位への影響は?

コアウェブバイタル

出典:Googleウェブマスター向け公式ブログ「より快適なウェブの実現に向けたページエクスペリエンスの評価」2020年6月5日

コアウェブバイタルはGoogle検索の表示順位に、どの程度影響するのでしょうか。Googleはコアウェブバイタルを含むページエクスペリエンス[1]の検索結果への影響について次のように説明しています。

ページエクスペリエンスは重要ですが、それでも Googleは、ページエクスペリエンスが劣っていても、全体的に価値の高い情報を含むページを上位にランキングするようにしています。つまり、いくらページエクスペリエンスが優れていても、コンテンツが優れたページを上回ることはありません。ただし、関連性が同程度のページが多数存在する場合の検索ランキングにおいては、このページエクスペリエンスが一段と重要になります。

出典:Google検索セントラル「ページエクスペリエンスの Google 検索結果への影響について」2021年8月4日

この説明を踏まえると、Google検索では「価値の高い情報を含むページ」が上位表示されるのであり、ページエクスペリエンスの重要度はページのコンテンツよりも低いようです。

とはいえ、コンテンツの価値が同程度のページが多数ある場合は、ページエクスペリエンスが検索順位に影響するとも読み取れます。コアウェブバイタルのSEOへの影響を過大評価すべきではないものの、SEOの施策として意識する必要はあるでしょう。

なお、Googleは2021年9月にページエクスペリエンスの検索ランキングへの適用が完了したことを同社の公式Twitterで公表しています[2]

[1] ページエクスペリエンス:ユーザーがWebページで操作を行った際の、情報自体の価値以外に関するユーザー体験の尺度となる指標をまとめたもの。コアウェブバイタルのほか、モバイルフレンドリーやHTTPSなどを網羅して「ページエクスペリエンス」と定義している。

[2]出典:Google検索セントラル「ページ エクスペリエンスの Google 検索結果への影響について

コアウェブバイタルを改善してUX向上へ

コアウェブバイタルはGoogleが膨大なWebデータを分析した結果、すべてのWebページに適用すべきだと結論づけた指標です。UXを向上させるために特に重要であるとGoogleが考えている指標なので、「ユーザーにとって快適なWebページを作る」という観点からも、参考指標として活用すべきでしょう。

GoogleはWebページの表示速度がユーザー体験に与える影響について、ページの読み込み時間が1秒から3秒に伸びると直帰率が32%増加し、ページの読み込み時間が1秒から6秒に伸びると直帰率は106%増加するというデータを公表しています[3]

コアウェブバイタルを改善し、読み込み速度や反応速度が速いWebページを作ることは、ページからの離脱を防ぐことにもつながります。なお、Webサイトの速度を改善する方法はGoogle Developersの記事も参考にしてください。

[3]出典:Search Consoleヘルプ「ウェブに関する主な指標レポート

コアウェブバイタルは変化する

Googleはコアウェブバイタルを今後もアップデートする予定です。Webページのユーザー体験に影響する要素は多岐に渡り、現時点のコアウェブバイタルが完璧なものではないため、常に進化させていくとしています[4]

今後、LCP・FID・CLSの3つ以外にコアウェブバイタルが追加されるかもしれません。ユーザーにとって使いやすいWebページを作るために、参考指標であるコアウェブバイタルのアップデート情報をフォローしておきましょう。

[4]出典:Google Developers「Web Vitalsの概要:サイトの健全性を示す重要指標」2020年5月11日

[4]出典:Google Developers「Web Vitals」2020年7月21日