ECサイトのリニューアルにおけるシステムベンダー選びのチェックポイント

ECサイトのリニューアルにおけるシステムベンダー選びのチェックポイント

トレンドの変化が早い現在のEC市場において、消費者から選ばれるネットショップであり続けるには、定期的にECサイトをリニューアルすることが必要です。

ECサイトをリニューアルする際、ECサイト構築システムの乗り換え(リプレイス)を検討するケースも多いのではないでしょうか。

既存のECサイトが抱える課題を抜本的に解決するには、システムのリプレイスは効果的です。ただし、リニューアルの目的や自社のビジネスモデルに合致したシステムを選ばないと、リプレイスの効果が出ないばかりか、運用が上手くいかず、かえって売り上げを落とすことになりかねません。

そこで今回は、ECサイト構築システムのリプレイスを成功させるために確認しておくべき項目と、システムベンダー選びのチェックポイントを解説します。

ECサイト構築システムをリプレイスするタイミングは?

EC事業を運営していると、日々さまざまな課題に直面すると思います。そういった課題の中には、ECサイト構築システムをリプレイスしないと抜本的に解決できないものも少なくありません。

例えば、次のような課題を抱えているEC事業者さまは、システムのリプレイスを検討するタイミングです。

ECサイト構築システムのリプレイスを検討するタイミング

  • 新しいサービスを始めたいが、既存のシステムでは実現できない
  • 売り上げを伸ばすための機能を追加したいが、既存のシステムはカスタマイズできない
  • EC事業の売り上げが増えたことで、既存のシステムのスペックに不満を感じている
  • 管理画面の使い勝手が悪く、EC事業の運用に支障が出ている
  • システムのセキュリティに不安がある
  • 理想のユーザーインターフェースやデザインを実現したい
  • オムニチャネルを実現したい(ECと実店舗を連携したい)

システムを選ぶ前に必ずやっておくべき4つのステップ

ECサイト構築システムをリプレイスすると決めたら、システムベンダーに問い合わせる前に、目的や予算などを社内で整理しておくことが大切です。

次の4つのステップを実施しておくことで、システムを選ぶ際の基準が明確になりますし、開発における要件定義もスムーズに進みやすくなります。

システムベンダーに問い合わせる前に行っておくと良い4つのステップ

  1. リプレイスの目的を明確化する
  2. リプレイスで実装したい機能や、実現したいサービスを具体的に洗い出す
  3. 予算と開発スケジュール(リニューアルオープンの時期)を設定する
  4. 主なECサイト構築システムをリストアップし、条件に合う製品をピックアップする

ステップ1 リプレイスの目的を明確化する

ECサイト構築システムをリプレイスする際、リプレイスの目的が定まっていないと、どのシステムを選べば良いか判断できません。

システムベンダーに問い合わせや見積もりを依頼する前に、「なぜリプレイスするのか」や「どのようなECサイトを作りたいのか」をしっかり整理してください。

「売り上げを伸ばしたい」「オムニチャネルを実現したい」「セキュリティを強化したい」など、リプレイスの目的を明確化しておくことが重要です。

ステップ2 実装したい機能や実現したいサービスを洗い出す

リプレイスの目的が明確になったら、その目的を達成するために必要な機能や、実現したいサービスを洗い出します。

例えば、リプレイスの目的が「売り上げを伸ばしたい」ということであれば、「ECサイトのアクセス数を増やす」「新規顧客を増やす」「転換率を上げる」「客単価を上げる」「リピーターを増やす」といった取り組みが必要です。このように「売り上げを伸ばす」という目的達成のために必要な取り組みを具体化し、列挙しておきます。

こうした取り組みを実現するためのECサイト構築システムに求める機能やスペックの優先順位が明確になり、システム選びの判断基準を決めることができます。また、システム開発における要件定義にも役立つでしょう。

リプレイスの目的と必要な取り組みの表例

リプレイスの目的 目的達成のために必要なこと
売り上げを伸ばしたい ECサイトのアクセス数を増やす/新規顧客を増やす/客単価を上げる/リピーターを増やす/転換率を上げる
セキュリティを強化したい 脆弱性のないソフトウェアを使う/堅牢なサーバを使う/ネットワーク監視を行う
オムニチャネルを実現したい ECと実店舗の顧客情報を統合する/ POSとECを連携する/在庫データを統合する/共通ポイントプログラムを設ける

ステップ3 予算と開発スケジュール(リニューアルオープンの時期)を設定する

ECサイト構築システムをリプレイスする際の予算枠や、リニューアルオープンの時期は、システムを選ぶ際の重要な判断基準になります。必ず社内のコンセンサスを取っておきましょう。

ECサイト構築システムをリプレイスする初期費用は、ASPショッピングカートは数万〜数十万円、ECパッケージシステムは数百万〜数千万円、フルスクラッチは数千万〜数億円が目安です。

リプレイスにかかる期間は、ECサイトの機能やデータベースの規模などによりますが、ASPショッピングカートなら3カ月以内、ECパッケージシステムやオープンソースは3~12カ月、フルスクラッチは1年以上が目安になるでしょう。

ステップ4 主なECサイト構築システムをリストアップし、目的に合った製品をピックアップする

リプレイスの目的や実装したい機能、予算、開発スケジュールを整理したら、いよいよ候補となるECサイト構築システムの選定に入ります。

主なシステムをリストアップし、その中から目的や予算に合った製品をいくつかピックアップした上で、資料請求や見積もり依頼を行ってください。

現在のEC業界には、さまざまなECサイト構築システムがあり、機能やスペック、価格、カスタマイズの自由度などは製品ごとにさまざまです。新しい製品が次々と登場し、従来は叶わなかった機能やサービスが実現できる製品も出てきています。

リプレイスを検討しているEC事業者さまは、ECサイト構築システムに関する知識をお持ちだと思いますが、現在どのようなECサイト構築システムがあるのか、ゼロベースで確認してみることをお薦めします。

主なECサイト構築システムを網羅したサービスマップをEC専門メディアなどが作成していますので、それらを参考にしても良いでしょう。

また、ECサイト構築システムのタイプ(ASP、クラウド、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチ)ごとの特徴や、選び方については、「ECサイトの新規立ち上げに適したECシステムとは? 5つのサイト構築方法と選び方」も参考にしてみてください。

システムベンダー選びで失敗しないためのチェックリスト

ECサイト構築システムの価値は、製品カタログに記載された機能一覧や価格表だけでは分からないこともたくさんあります。

製品そのものを吟味するのはもちろんのこと、システムベンダーについて調べることも大切です。ECサイト構築システムとシステムベンダーを選ぶ際のチェックポイントをまとめましたので、すべての項目を確認してください。

ECサイト構築システム/システムベンダーを選ぶ際のチェックリスト

●機能

  • 使いたい機能は備わっているか/カスタマイズで実装できるか
  • 行いたいサービスを実現できるか
  • 思い描いているデザインやUIを実現できるか
  • システムのスペックは、EC事業の売上規模に適しているか
  • 既存のシステムで実施しているサービスや機能を、リニューアル後も継続できるか

●運用

  • 管理画面の操作性やサイトの更新作業といった運用は、リプレイスによってどの程度変わるのか
  • システムをリプレイスすることで運用業務に支障をきたさないか
  • 基幹システムや販売管理システム、CRMツール、倉庫システムなどに対して、必要な情報を必要なタイミングで連携できるか

●データ移行

  • 既存システムに蓄積している顧客データや商品データは、新しいシステムに移行できるか
  • 受注データを引き継ぐことは可能か

●セキュリティ

  • システムやサーバのセキュリティに問題はないか
  • PCI-DSSに準拠しているか

●システムベンダーの対応力・信頼性

  • ECサイトのリニューアルやリプレイスの実績は豊富にあるか
  • 十分な要件定義を行ってくれるか(ECパッケージやフルスクラッチの場合)
  • EC事業の運用全般に関する知見を持っているか
  • アフターメンテナンスの体制があるか
  • 保守管理やセキュリティ対策の技術力があるか
  • 事業の継続性に問題はないか
  • データ移行をサポートしてくれるか

●費用

  • 初期投資(イニシャルコスト)は予算の範囲内か
  • 月額料金や運用にかかる費用(ランニングコスト)は予算の範囲内か

●納期

  • リニューアルオープンの期限に開発が間に合うか

「データ移行」「要件定義」「リニューアル後のサポート」の体制を確認

ECサイト構築システムをリプレイスする際のハードルの1つは、それまでに蓄積してきた受注データや会員データなどを、新しいECサイト構築システムに移行する作業です。

データの移行作業を自分たちで行うと、作業の負担が重いうえ、データ消失などの事故につながりかねません。データの移行作業をサポートしてくれるシステムベンダーを選ぶことも、システム選びのポイントの1つになるでしょう。

十分な要件定義を行ってくれるベンダーを選ぶ

ECパッケージやフルスクラッチでECサイトを構築する場合、十分な要件定義を行ってくれるシステムベンダーを選ぶことも重要です。

リニューアルオープン後の運用を想定し、要件定義をしっかり行っておけば、開発がスムーズに進むのはもちろんのこと、不必要な機能開発を回避できるため費用対効果の高いECサイトが完成します。

契約前にソリューション提案を行ってくれて、契約後も手厚くサポートしてくれるシステムベンダーは、初期費用が他社と比べて多少高いかもしれません。しかし、長期的に見ればメリットが多いはずです。

逆に、サポート体制が弱いシステムベンダーに依頼してしまうと、システムを導入してから運用に支障をきたしたとき、十分に対応してもらえないリスクがあります。その結果、運用を改善するためにツールを導入したり、運用代行会社と契約したりせざるを得なくなり、コストが高くついてしまったというケースも少なくありません。

ECサイト構築システムを選ぶ際は、「十分な要件定義を行ってくれるか」「アフターメンテナンスの体制があるか」といった、製品パンフレットや価格表だけでは分からない付加価値を考慮することも、リプレイスを成功させるポイントと言えるでしょう。